ガーデンバッグ 草刈り や お庭の お手入れ に♪

一年中使えるアイテムなのですが
特に夏の時期は重宝するガーデンバッグです。


ガーデンバッグ

ガーデンバッグとは

主にお庭の手入れなどで
刈った草や落ち葉などを入れて
運搬するときなどに使用します。

ご自身がお住まいの付近にある
ゴミ収集所(クリーンセンターなど)に
運び入れる際にとても便利です。

軽トラックやワゴン車であっても
袋に入っているだけで汚れなども軽減できます。

あまりにも量が多い場合は
軽トラックに直接積み込んでしまった方が楽ですが・・・

特にお庭が広い、庭木が多いなどの方におすすめです

特におすすめな方

特に業者様はお勧めです

・草刈り業者(剪定枝)
・不動産オーナー
・清掃業
・便利業
などなど

フレコン(トン袋)などに比べると耐久性が弱いですが
大きなフレコンを持って行くほどではないと言う場合におすすめ。

サイズにもよりますが、フレコンによっては
軽トラックの場合1袋積んでしまったら荷台がいっぱいになってしまうので
小分けできるガーデンバッグは便利です。

購入した理由

普段はフレコンを使用しているのですが
現場によっては使い勝手が悪い

例えば
現場が狭い
車両から離れた場所での作業
(作業場の付近に車両が入れない等)
フレコンだと重くなる
荷物がかさばる

などなど。
フレコンは大容量で、利便性は良いのですが
現場によっては邪魔になる事があります。

現場が狭い場合に便利

現場が狭い
車両から離れた場所での作業
(作業場の付近に車両が入れない等)

上記の2つに言える事ですが
現場が狭いと積み込みたい車両が
近くに持って来れないことがあります。

何が大変かと言いますと
現場から車両まで人力で運ぶ必要がある
と、言う事です。

運ぶ物にもよりますが
重量物ですと中々の重労働です。

更に現場自体が狭く
一人分の道幅しかない現場もあります。

このような現場でフレコンに詰め込むと
持ち運ぶ際に通れないなんてことも・・・。

ネコ(一輪車)で運ぶのも手ですが
現場の環境によってはネコ車もつかえない
環境の現場がございます。

そのような環境の時に
ガーデンバックなどは重宝します。

私がよく使うガーデンバッグ

私がよく購入するガーデンバッグ
下記からお買い求めいただけます。

※商品出品者様と私は一切関係は御座いません

上記商品のスペック

サイズ/容量(各袋)
:272L – 高さ76cm直径66cm

素材
:ポリプロピレン製(UV処理加工)

耐重量
:(約)54Kg

仕様
:折りたたみ式、自立式

大容量

普段フレコンを使っている人からしたら
あまり入らない印象があると思いますが
個人様で使用する分には大容量です。

草木にもよりますが
一般家庭の雑草などであればかなり入ります。

ホームセンターでの購入はお勧めできない

ホームセンターなどでの購入は
推奨できません

と言いますのも高いのです・・・。

メーカーやサイズでも異なりますが
大体一袋当たり¥2,000位します。

明確ではないのですが
90Lくらいの物で
1袋当たり¥1,500~¥2,000です

素材が良いなど理由はあるのですが
正直様々なものを使ってみましたが
そこまで耐久性に差はないですね。

安いからと言って一回で壊れるかと言ったら
そうでもないです。

逆に高いからと言ってかなり持つかと言えば
それもそんなことはないのです。

フレコンであってもそうですが
ばんばん作業をこなす使い方であれば
どのメーカーであってもすぐ破れます。

現場が広い場合はフレコンがおすすめ

フレコンは安い物であれば
1袋当たり1000円以下であるので
・現場が広かったり
・量を積み込みたいんだ
と言う方はフレコン推奨

フレコン10枚セット

購入先

Amazonがお買い得です

私が購入したのは
272Lの3個セットの物です。

ホームセンターで3個買うと
6,000円程しますのでかなり節約できます。

気になる方は是非購入して使ってみてください

下記をクリックしていただければ
購入ページに飛びます。


ガーデンバッグ

デメリット

あくまでも私個人的に感じたデメリットです。

・フレコンに比べて破れやすい
・釜などの刃を当ててしまうとすぐ切れてしまう
・砂利上で引きずると破れる

フレコンでも安いものだと上記でメリットに該当しますので
私的には許容範囲内です。

お値段もお手頃なので重宝しております。

業者様やお庭のお手入れが多い方は
試してみては如何でしょうか?