持ち運び コインケース (キャッシュキャリーケース)

こちらのページで紹介しますのは
出張や野外販売などに便利なコインケースです。

正式にはキャッシュキャリーケースと言うようです。

キャッシュキャリーケースとは

ご存知とは思いますが
お金を外に持ち出すために使用するケースです。

社用のお金など出張や野外販売などで
よく使われます。

私の場合は仕事柄で出張サービスが主ですので
お支払い時のお釣りなどを持ち歩いております。

特におすすめな方

特に業者様はお勧めです

・出張サービスが主
・野外販売などのレジ替わり
・町内会などのお金を保管
などなど

購入した理由

以前から似たような
キャッシュキャリーケースは使用していたのですが
商品によってデメリットもあり
色々な商品を購入してきた中の一つです。

様々なものを使用してきて
一番私に合ったケースでおすすめだったので
ご紹介させていただきました。

使ってみた結果

・値段が安い

平均して¥1,500~の物が多い中
この商品は¥1,000円以下で購入できます。
※2020/08/13現在(お値段が変更される場合もございます)

・小銭がジャラジャラ言わない

似たような物を使ったことがある方なら
気持ちがわかっていただけるかと思いますが
バッグなどに入れていると結構音がします。

それがこの商品は上蓋のスポンジで押さえてくれるので
ジャラジャラと音がしません
※小銭が少なすぎると音がする場合がございます

小銭がバラバラにならない

これも悩みの一つでした
いざ、小銭をとろうと蓋を開けたら
小銭があちらこちらに移動している・・・
なんてことが頻繁にあります。

急いでいる時なんかにバラバラですと
時間もかかりますし、あとで直さないとなので
ちょっとしたストレスにもなります。

この商品はこれも上蓋のスポンジのおかげで
小銭がバラバラになることを防いでくれます
※小銭が少なすぎると動く場合がございます

お札も入れられる

これは似たような商品でもよくありますが
二段式になっていて、トレーの下に
お札や領収証など入れることが可能です。

私が購入したキャッシュキャリーケース

私が購入したキャッシュキャリーケース
下記からお買い求めいただけます。

※商品出品者様と私は一切関係は御座いません

上記商品のスペック

サイズ:
外寸 W190×D140×H66mm
内寸 175x105x30mmmm

鍵:なし
持ち手:ハンドル付き
本体重量:295g

デメリット

何かと気に入っているので
私個人的にはデメリットは少ないのですが
あえて言うのであれば下記の通りになります。

プラスチック素材なので割れ(耐久性)が心配

お値段も手ごろなので1ヶ月位で壊れる物でなければ
許容範囲かなと思っています。
※使い方次第ではすぐ壊れる場合もあります

・見た目

ブルーのプラ素材の為、ちょっと安っぽさを感じますが
これに関しても私はあまり気にしていません

・ロックが固い

これは他の口コミであったコメントですが
様々なものを使ってきた中で感想を言わせていただくと
私はロックが固い方が良い

ロックが軽いと特に出張などでバッグに入れてる人は
ロックが外れて小銭がばらけます。

結果、私個人的にはあまりデメリットは感じませんでした。
個々により感想は異なりますので、参考程度にお願いいたします。

あまり動かすことがない環境であれば

持ち運びはするけど、あまりバッグや動かすことがない
と言う方は金庫型の方がおすすめです。

金属製で施錠もできるので安心感もあります。

今回紹介した2商品

~個人的におすすめ~

バッグなどで持ち運びが多い人
1個目に紹介した下記の商品
こちら

持ち運ぶがあまり動かす環境ではない人
2個目に紹介した下記の商品
こちら