無許可営業の業者にご注意

近年、無許可営業の業者
トラブルがあった
と言うお話をよく耳にします

私はしっかりした
テレビでもCMで放映されている
仲介サイトで探したから大丈夫
そう思っていませんか?

実は大手の仲介サイトで
依頼したお客様の方が
騙されたと話している方が多い
というのが現状です

例えば
くらしのマーケット
ミツモア

など

あなたは騙されていませんか?

一般のお宅の不用品回収で
よくある謳い文句を記載します

・産業廃棄物を持っているから大丈夫
・古物商を持っているから大丈夫

このようなお言葉をかけられませんでしたか?

もし依頼したのが
一般家庭から出た不用品(廃棄物)で
上記を言葉を発したのであれば違法業者です

産業廃棄物を持っていれば大丈夫

よく間違えられるのは
産業廃棄物の許可を持っていれば大丈夫
と誤解している方が多いです

寧ろ
業者自体が勘違いをしている
こともあります

一般家庭の不用品(廃棄物)を
回収/処分できる業者は
一般廃棄物収集運搬許可証
を持っている業者だけ」です

産業廃棄物を所持していて
適正に処分していたとしても
産業廃棄物業者が
一般廃棄物を扱った時点で違法

産業廃棄物業者は
一般廃棄物なのに
残置物として取り扱い
産業廃棄物として違法処理
しているようです

これは立派な不正処理です

適切に処理しているのであれば
別に良いんじゃない?

お客様や業者が良いとしても
法は許しません

また、それが発覚した場合
業者側は最悪の場合、営業停止や許可証剥奪
お客様も違法業者を利用したとして罰せられる
場合がございます

至極当然ではございますが
ご依頼人様、業者様ともに
知らなかったでは済まされません

それならどうすれば?

一番良い方法としましては
自治体(市役所)に相談

しっかり許可を得た業者一覧を
コピーしていただく事ができます

または電話口で業者様を
紹介していただけます

どうしても不安な場合は
自治体を通して紹介してもらい
処分をされたほうが良いです

茨城県古河市の場合

下記からお問い合わせいただけます

上記をクリックすると
古河市の公式ホームページへ移ります

被害報告内容

弊社のお客さまでも
過去に被害に遭われた方が
たくさんいらっしゃいます

その内容について一部ご紹介いたします

最初は安かったのに・・・

大手仲介サイトにて
他社と比較をして
安かった為にご依頼した

サイトでは数千円だったが
いざ当日になり
あれもこれも追加料金
と言われたそうです

その方は
結局4万円ほど支払った
と言う内容でした

これはよくある手口です

回収できるのは
許可を得ている前提ですが
確かに業者都合ではなく
品目上で追加料金になってしまう
場合はございます

しかし
しっかりとした業者であれば
基本的にお見積もりの時点で
明確に料金をお伝えしてくれるので

当日に追加料金と言う事はございません
※お客様都合により回収物が増えた場合を除く

当日に
多額の追加請求する業者は
違法営業の可能性が高いです

必ずご依頼時に
「一般廃棄物収集運搬許可」を
持っていますか?

確認することを推奨します

不法投棄(不正処理)

これも良く耳にするお話です

処分依頼をしたのに
少し離れた山中や道路際などに
処分依頼した回収物が
不法投棄されていた
と言う内容です

不法投棄されている物の中に
個人名がかかれている物が含まれており
お客様側が特定されて片付けてください
自治体や警察などから連絡がきた
と言うお客様もいらっしゃいます

回収してもらったら
ハイ、終わり
というわけではないのです

処分費を支払って回収してもらったのに
不法投棄された物を片付けに行き家に持ち帰り
更に再度処分を頼むことになった

と言う被害は少なくはないです

二重で処分費もかかりますので
安いからと怪しい業者には頼まず
自治体に紹介された場所で
依頼した方が安心です

引っ越ししちゃったから大丈夫
と思われる方も多いです

しかし
処分物などに個人情報が
記載されていた場合などは
何処の誰かはすぐ特定されますので
引っ越し後でも連絡が来る場合がございます

不法投棄は自治体が絡みますので
引っ越し先の住所を調べるのは
安易にできます

頼んだ側は大丈夫と
思い込んでいる方が多いですが
違法業者に頼んでしまった以上は
依頼人側にも責任があります

安いからいいやと思わず
面倒でもしっかりした業者か
調べることが大切です

環境省

環境省のホームページでも
不法投棄の問題が多い事から
注意喚起を実施しています

漫画で解りやすく記載していますので
是非、下記もご覧ください

おわりに

一概に不用品と言いましても
・廃棄物
・有価物
二種類があります

廃棄物
廃棄物とはリサイクルやリユースができず
処分するしか方法がない物です

有価物
まだ使えるなどリサイクルやリユースが
可能なものです

まとめ

処分したいものが廃棄物である場合は
一般廃棄物運搬許可証を持った業者に依頼

処分したいものが有価物である場合は
弊社を含めリサイクル業の便利屋などに
ご依頼くださいませ