どうもRT-JPNですm(__)m

今回もよく質問される内容に関して書いていこうと思います^^

今回の内容はタイトルでもある通りリサイクル家電の処分方法に関してです。

リサイクル家電の処分方法

おそらくこの記事を見て頂いているという事は
処分しざるを得ない状態のリサイクル家電なのかなと思います。

まだ新しいリサイクル家電であれば
リサイクルショップで売る」と言う選択肢があるはずなのに
わざわざ処分方法を調べるという事は売れる状態ではないのではと言う考えです。

勿論新しい機種であればリサイクルショップで買い取ってくれますので
最も安い処分方法かと思います。

売れる状態じゃないから調べてるんだと言う方にとっては
こういった記事は不要ですよね^^;

と言いますのも、インターネットで
リサイクル家電 安い 処分方法
冷蔵庫 安い 処分方法
テレビ 安い 処分方法
洗濯機 安い 処分方法

上記の様に検索すると、必ずと言っていいほど
リサイクルショップで売るのが良いと言う内容
大半を占めています。

古いものでも、比較的きれいで稼働品であれば
地元サイトのような掲示板などで投稿すれば
欲しい人が見つかる場合が御座いますので
そう言ったところを利用するのも良いかと思います。

ただし、個人間のやり取りなので
取引時にトラブルがある可能性はあります。

そう言った意味でも適正な場所で処分したいと言う方も
おられるかと思います。

上記の事から、処分する方法はいくつかある中で
市にお願いして処分して頂く方法を記事に致します。

市でリサイクル家電を処分してもらう

例外を除き、処分すると言う方法で一番安いとなれば
少々手間はかかりますが、市で処分してもらうのが一番かともいます。

処分後のトラブルは一切ないので安心面でも良いかと思います。

今回の処分の条件として
安心出来る場所で処分してもらいたい
該当の家電を家から持っていってほしい

上記の条件として記載します。

はじめに

古河市内には指定引取窓口はございません

要は古河市内では持ち込んで引き取ってくれる場所はないという事です。

勿論、市のゴミ収集所(粗大ごみ置き場も含)では引き取ってくれません

リサイクル家電は引取り所に持っていくか収集依頼をしなくてはなりません

そこで今回は家から持って行ってもらうと言う条件で記事にしますので
収集依頼の方法を記載していきます。

市でリサイクル家電を処分してもらおう

古河市の方法でご説明しますが
収集をお願いする場合は大体の市町村では同じだと思いますので
ご参考までに見て頂けたらと思います。

最初に簡単に説明してしまうと、流れとしましては
該当商品の定められたリサイクル料金を支払って
収集依頼をして、収集日に引き上げてもらうと言う内容になります。

しかし、個々考え方は異なりますので皆様がそう思うかはわかりませんが
私の個人的な考えですと少々面倒です・・・:

それでは詳しく記載していきます。

郵便局でリサイクル料金を納める

まずは郵便局でリサイクル料金を支払いリサイクル券を発行して頂く必要が御座います。

ここでは、処分する商品の詳細をメモして持っていく必要があります。
※家電のメーカーや大きさ(容量、型)等の情報

処分する物やメーカー、大きさなどによってリサイクル料金が異なりますので
メモを持って行かないと二度手間になる場合が御座います。

処分したいリサイクル料金が知りたいときは
下記でメーカー別の料金一覧が検索できます。
品目別メーカー別リサイクル料金

上記で調べたリサイクル料金+運賃が発生します

自治体によって異なりますが
郵便局でリサイクル券+運搬料支払う場合と
運搬料は市役所で支払う場所があるようです。

此方に関してはお住まいの市役所などにご確認ください

市役所窓口で申請を行う

郵便局で発行してもらったリサイクル券を持って
市役所窓口で申請を行う必要があります

古河市の収集料金は下記の通りになります。

<収集料金>
テレビ 2,000円、エアコン 3,000円
冷蔵庫/冷凍庫 3,000円、洗濯機/衣類乾燥機 3,000円

先ほど郵便局で支払ったリサイクル料金と
上記の運搬費用を含めた料金が処分費用となります。

リサイクル料金+運搬費=お客様が支払う処分費

事前に市役所窓口で申請を行うことで
ご自宅にある家電の回収をしていただけます。
庭先など外に出しておく必要があります

処分の前に

今回はご自身で市に依頼をして処分する方法に関して記事にしましたが
他の方のブログ記事などでもあります通り
自身で処分をしても上記の通り安いものではありません

やはり一番推奨するとすれば
処分するものが新しいのであればリサイクルショップ
古くても稼働するのであれば、地元サイトなどの利用

上記が難しい場合は
購入したお店へ相談
買い替える際に引き取ってもらう
上記の場合は市で処分するより安くなる場合が御座います

または
引越の際のオプションなどを利用するのが宜しいと思います。

企業によってサービスを行っている所と行ってないところが御座いますので
事前に調べていただく事を推奨いたします。

これらが難しい場合にご自身で処分と言う形になります。
或いは一般廃棄物の許可を持った業者様にご依頼頂く形になります。

最後に

リサイクル料金や運搬費、回収方法は改正される場合も御座いますので
市役所などにご相談の上で処分方法を再確認して行動されたほうが良いかと思います。

何事も一度でスムーズに終わらせたいとは思いますので
二度手間になるくらいであれば市役所などに電話等でお問い合わせして
行動された方が確実かと思います。

本記事はご参考程度にお役に立てたら幸いです。

ここまでお読み委仇機ありがとう御座いました