ちょっとした「困った・・・」のお手伝い!

ちょっとした「困ったから
大掛かりで「自分じゃできない」まで
出来る限りご対応いたします。

有難いことにシニア層女性のお客様に沢山ご依頼いただいております。

ちょっとしたお手伝いであれば低価格でご対応しております。

ちょっとだけ人手が欲しいなど
是非ご利用くださいませ。

このようなお客様に推奨

・引越しのお手伝いをしてほしい(簡易的な引っ越し)
・複数個の荷物を運んでほしい(軽貨物運送)
・古河市近辺にお住いのお客様で便利屋を探している
他社で不用品回収を依頼しようとしているが少しでも量を少なくして費用を抑えたい
不要な鉄くずや自転車があり処分を検討している(鉄くず商)
不用品回収ではなく整理整頓をしてほしい(清掃業)
・無料で回収できる物は回収してほしい(出張費のみ発生いたします)
・草刈り/雑草抜き(お庭などの手入れ)

などなど。
他にもご対応ができる事もございますのでお気軽にご相談ください

例として

お客様によってご依頼内容は異なりますが
不用品処分をしようと考えている方は多いかと思います。

簡単に不用品を片づけると言っても
自分で処分するのは困難であったり
費用が高いなど様々な問題が出てきます。

仕分けや何処に持って行けばよいかわからないと言うお客様も多いです。

不用品に関しては一部の内容ですが、悩まれている方が多い為に例として不用品に関して記載しておきたいと思います。

まずは、無料で回収できるものをなくそう。

はじめに
一番やってはいけない行動があります。

それは
初めから有料処分を依頼する事です。

え?
処分するのはお金はかかるんでしょ?
と、思う方も沢山おられるかもしれません。

実はお客様の処分物の中には
出張費のみで回収できる物も
沢山あります。

なぜ、一緒に処分しない方が良いのか

結論から言ってしまうと
無料で回収できるのに有料になるからです

え?無料が有料・・・?
少々わかりにくいですよね・・・。

下記で詳しく説明いたします

例えばよく耳にする軽トラック積み放題の不用品回収を検討しているとします。

その前にご存じない方の為にご説明いたします。

軽トラック積み放題の不用品回収とは?

タイトルの通りの内容ではございますが
軽トラックの荷台に乗る量の不用品を一括で回収してもらうサービスです。

各業者様にもよって異なりますが
軽トラックに積み込むのは
おおよそ3立米前後の不用品
積み込むことができます。

3立米と聞いてもパッとしないと思いますが、3立米の物を積み込んだらお部屋の中にある大体の物がなくなるぐらいの量が積み込む事ができます。
物量によっても異なります

そのことから、お引越しの際に出てきた不用品などを一気に片してもらう時などに利用される方が多いです。

基本的にどの業者様も積み放題で○○円と言った形でお値段が決まっており、積める範囲内であれば積み放題と言う形で行っています。

一部リサイクル家電や処理困難物に該当する物などは追加料金と言う形をとっているようです。

無料が有料になるとは?

ここで先ほど記載した「無料で回収できるのに有料になるから」に関してです。

出張費のみで無料で処分できるのに有料で処分するのと同じになってしまうということです。

不用品回収の積み放題を依頼される方は
大体ができる限りたくさん積みたい(処分したい)というお客様が殆どです。

そこで問題となるのが処分する量です。

どういう事かと言いますと
量が沢山あると積み込めないものが出てきてしまうと言う事です。

無料で回収できる物がなければ、ない分だけ沢山積めた
のに
無料で回収できるものも一緒に積んでしまう事で
有料で処分する物があまり詰めなくて損をすると言う事です。

業者様によっては、無料で回収できる物を主に積み込みをして
もう詰めないからと、処分費がかかる物だけを残して帰ると言うような業者様もいるのが事実です。

業者としても処分費があまりかからないに越したことがないので
処分費が安いものを優先に積み込む業者も多いと言う事です。

要は冒頭で記載した通り、出張費のみで処分できる物が無駄な処分費を払って処分する羽目になると言うことです。

最近多いのが、何でもかんでも追加料金と言われ
請求金額が高額になったと言う被害もよく耳にします。

そこで無料回収できる物は先に処分しておくことを推奨

少しでも処分する物を減らして、一度で処分してもらえるようにしよう。

無料で処分できる物がなくなるだけで
より多くの処分品を積むことが可能になります。

軽トラック積み放題であれば
無料回収できる物がなかったら一回で済んだ処分費であっても
一緒に処分しようとして結果2台分依頼する事になったなどの
無駄な出費を減らすことができます

ご家庭によっては無料回収できない物だけの場合もございます

適切なアドバイス

無料回収ご依頼時に、弊社は処分の方法などをアドバイスしております。

例えばお客様が自治体に加入している場合(町内会など)は、市のゴミ捨て場が利用できます。

そのゴミ置き場にご自身でも気軽に捨てられるものだけは残して
自身では処分が困難な物のみを依頼をするなど。
お客様にとって一番お安い方法をアドバイスいたします。

気軽に捨てられる物を残すことにより、沢山積み込めるので
より多くの処分物を捨てる事が可能になります。

結果、少しの手間でお安く処分ができます。

なるべく費用が掛からない方法をお伝えしております。

弊社での回収

弊社では処分費用を頂かない物のみのご対応となります

無料回収物(有価物)のみのご対応です。

弊社の言う有価物は下記の通りになります

古紙(段ボール、雑誌、カタログ、新聞紙、広告、コミックなど)
※事業系一般ごみのお取り扱いはしておりません

鉄くず(自転車、バッテリー、物干し竿、フライパン、鍋、その他金属類)
※錆や汚れ、使い古しなども可能です

リユース可能な商品
状態によっては買取/相殺買取しております

その他であっても回収できる場合がございますのでお気軽にご相談くださいませ。

箱車による回収

弊社ではできる限り近隣様の目に触れないように
出来る限り軽トラックの箱車でお伺いしております。

近隣様になるべく何を積んだか見られたくないと言うお客様も多い事から、対策として箱車を主に利用しております。
※長尺物や鉄くずが主な場合は平車でお伺いすることもございます

軽車両は平車、箱車、平ダンプの3種類で対応可能です

特に女性のお客様は箱車を利用される方が多いです。

女性の場合
近隣様に処分した物を見られたくない
処分物が見える状態で運搬してほしくない
などで箱車が良いと言うお客様が多いです。

以前にお客様にお話を聞かせて頂いたところ
お金持ちは捨てるものがいっぱいあっていいね
普通の家じゃ捨てるものなんてないよ
悪い事すれば余計な物も買えるようになるかな?
など、ある事ない事を近所に言いふらされた過去があるお客様もいらっしゃいました。

近隣様の目が気になることから女性に限らず、最近では男性も箱車を好む方が多いです。

軽貨物運送の許可も取得してます

弊社は軽貨物事業もしており
基本的に営業ナンバー(黒いナンバー)
取り付けた車両でお伺いしております。

その為、軽貨物(配達)のご依頼をしていただけるのも勿論ですが
回収時でも近隣様に「配達を依頼した」と言う事が出来ますので
その点も安心して依頼できる理由だと有難いお言葉を頂きました。

ご依頼者様以外に作業中にお声がけされたとしても
弊社は「運送業者です」としか言葉に致しませんので
その点もご安心頂けたらと思います。

また、事前に状況をお伝えいただければ
お客様に合った内容でお伺いする事も可能ですので
お気軽にご相談くださいませ。

(一般)産業廃棄物収集運搬に関して

弊社では基本的に取り扱っておりません。
万一取り扱う際は、業務提携をさせて頂いている業者様へ委託しております。

弊社は基本的に有価物の回収となります。
※有価物=リユース、リサイクル(資源になる物など)

産業廃棄物や一般廃棄物が主な場合はお断りさせていただく場合がございます。

出張費用

プラン料金でないサービスは出張費用が発生いたします。

出張費1000円のエリア
古河市

出張費2500円のエリア
結城 八千代 境町 小山 筑西 五霞 幸手 下妻

出張費3500円のエリア
春日部 久喜 白岡 加須 板倉町 桜川

出張費4000円のエリア
つくば 越谷 野田 取手

出張費は場所やサービスにもより異なります
主に弊社から10Km毎/¥1000で計算しております。

※上記以外はご相談ください

さいごに

弊社は強要するセールスは一切行っておりません

お問い合わせをいただいたからと言って
その後どうですか?依頼しませんか?」などの
お電話や訪問する事も御座いませんのでご安心くださいませ。

また少しでも安心して頂けるよう
お電話が怖いと言うお客様も多い事から
メールのご対応を主としてご相談からご依頼までお受けしております。
※その為、電話番号もあえて記載しておりません

お気軽にページ内のお問い合わせフォームから
お問い合わせくださいませ。

ご返信はパソコンのメールにて返信となります
携帯メールでお問い合わせの際は、ドメインの設定をご確認ください
24時間以内にご返信がない場合、迷惑メール設定によりエラーメールになっている場合がございます
ご注意願います。


↑詳しい詳細はこちらをクリック↑

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

沢山のお問い合わせ、ご依頼を
心よりお待ちしております。

最後までご愛読いただきましてありがとうございました。